無線機、トランシーバー、インカム、ビジネスフォン、電話加入権など、ビジネスで利用する通信手段についての情報HP。

ビジネス通信事情 メイン画像
  1. ビジネス通信事情 TOPページ >
  2. 他にもある!様々な通信手段。その1

他にもある!様々な通信手段。その1

このサイトでは、様々なビジネスに利用できる通信手段などの話題を扱って参りました。

このページでは、その他にもビジネスに使える通信手段・あるいは、これまでに扱ってきた話題に関しての補強をするなどして、他にも使えそうなビジネス通信ツールのご紹介をいたしましょう。

インターネット

言わずと知れた今現在主流の通信手段です。
もう、このインターネットという仕組みは皆さんに説明せずともご理解いただけるかと思われますので、
少しだけご紹介していきましょう。

インターネットについては、まずは電話加入権を購入し、ADSLまたは光回線を契約することで利用することができます。
もう皆様ご周知の通り、インターネットは様々な分野で活躍しています。もちろんビジネスの場でもです。
例えば、最近ではインターネット網との融合が進むIP電話というものがあります。
これは、通信方式をインターネットのシステムとの相性の良いVoIPという方式で行う事によって、インターネット網を利用した通話を可能にするというものなどをいいます。
最近ではビジネスフォンなどでもこうしたIP電話対応のものが増えてきており、企業への導入例も増加しています。

厳密に言うと、ビジネスフォンなどで利用されるIP電話は、インターネット網からは切り離されていることが多く、通信会社の独自網によって運営されているものも少なくありません。
このお陰で、セキュリティ面も大幅に改善され、さらには通信費も低減されるというメリットが生まれています。

なお、IP電話の導入のみでいうと、必ずしも電話加入権が必要であるということは限らないということです。

携帯電話

携帯電話も、インターネット同様普及が進んでいるものの一つですよね。
この携帯電話は、無線機について。というページでも扱いましたが、補足説明なども合わせながら、もう一度書いていきましょう。

携帯電話も、無線機という扱いで言えば、厳密に言うと送信と受信を行う回路が同居している「トランシーバー」と同義の商品ということがいえます。
こうした携帯電話網は通信会社の手によって広げられてきたという歴史があるため、携帯電話同士での通信は出来ないというのが常識的な考え方でした。

ですが、ここに来て競争が激化してきた業界の流れで、より無線機チックな機能である”プッシュトーク”などのサービス名で知られるPTTを利用したサービス(トランシーバーの様に、ボタンを押しながら送信・話した時に受信が出来るもの)などが挙げられます。

pickup

業務用の緑茶をネットで買う

2018/11/1 更新

ページ上部へ移動します。

manu
電話加入権が安い!?

電話加入権は財産の一部として扱われます。
かつては高嶺の花で、容易に一般の人が持てるようなものでは無かったとされていますが、
最近では、容易に電話加入権が持てるどころか、各種通信サービスと組み合わせて購入することで、非常にお値ごろな値段で電話加入権を手にすることが可能となっています。

詳しくは、電話加入権について。を参照してください。

トランシーバーとは??

トランシーバーとは、無線機の一種であり、私達が「無線機」としてイメージしやすいものの一つでもあります。私達が主にイメージしやすいのは、いわゆる「ハンディ型」と呼ばれる、片手で持って使用するタイプの無線機です。

こうした無線機においては、様々な種類の無線機の形があります。
例えば、据え置き型(固定局)や車載型(モービル局)などがあります。
トランシーバーといっても、おもちゃのようなものから、業務用のものまでピンキリなイメージですが、NEXNETなどの様に、携帯電話の様にエリアを構築し、そのエリア内での通信が可能なものまで、様々なものがあります。

詳しくは、トランシーバーについて。を参照してください。

ビジネスコミュニケーションでサクセス!